Twitter メディアリテラシー

Twitterユーザー最悪の愚行「エアリプ」が引き起こす問題とは?

更新日:

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

詩音

ライター活動をしている詩音です。
たまにポロっと毒を吐きますが基本は真面目です(๑╹ω╹๑ )Webやソーシャルメディア運営のお勧め情報を分かりやすく紹介していけるよう努めます。

ネットリテラシーを学ぶのに役立つツイートもしていますので、是非Twitterのフォローを宜しくお願いします!(((o(*゚▽゚*)o)))

SNSというコミュニケーションツールが一般的になって久しいですね。
今主流となっているのは「Facebook」や「Twitter」といったところでしょう。皆さんや皆さんの周りでも、どちらかは利用しているという人が多いと思います。

そんなSNS時代の昨今、SNS疲れという言葉が問題になったのを覚えている方も多いのではないでしょうか。こういったSNS疲れを引き起こす原因の一つに、Twitterで行われる
「エアリプ」という行為があげられるでしょう。

参考「SNSのトラブル回避」に関する情報はこちら
SNSでトラブルを回避するために身に着けておきたい知識

スポンサーリンク

「エアリプ」とは何か。

Twitter上の用語には公式サイトで用語の説明がされているものの他に、利用者の中で暗黙の了解として使用されている非公式の用語があります。「エアリプ」とはその非公式用語の一つです。

通常であれば、他ユーザーに対する返信をタイムライン上で行う場合、
特定のユーザー名を指定して【@ユーザー名】から始まるツイートを送ります。これを「リプライ」と呼びます。この場合はツイートの送信者と受信者の両方をフォローしていない限り、第三者へのタイムラインにこのツイートが表示される事はありません。
「エアリプ」とは、この【@ユーザー名】を指定せずに返信をする行為を指します。

何故「エアリプ」が嫌われるのか

「自分がフォローしている相手が呟けば自分のタイムラインにツイートが表示されるのだから、別に嫌がる必要ないじゃないか」と思いましたか? そうではありません。この「エアリプ」が嫌われるのは、相手を指定しないことにより不特定多数が疑心暗鬼に陥る可能性があるからなのです。

実際にエアリプに対してネガティブに考えている方も多く、Twitterで検索してもこんな感じ。出るわ出るわエアリプに関するネガティブなツイート。

エアリプで被害を受ける主な事例

例えばあなたが【今日の晩御飯は○○で食べた。美味しかったなー】といった内容をツイートしたとします。
それに対して、あなたのフォロワーの誰かが【○○とかマズ過ぎ。あんな店で飯食うやつは舌がおかしいんじゃないのw】といった内容のツイートをしたとします。そのツイートをあなたが見たとき、きっと自分のツイートに対しての嫌味かと怒りを覚えるはずです。

ですが、そのツイートがあなたに対するリプライである証拠はどこにもないのです。何故なら【@ユーザー名】は指定されておらず、ツイート内容の中にもあなたの名前は一切書かれていないからです。

もしもあなたが怒りに任せて相手に【それは自分の事なのか】とメッセージを送ったとしても、相手が【うちの近所にある○○が美味しくなくてつい呟いてしまった。ごめんなw】と言えば、それ以上あなたに言える事は何もないのです。

「エアリプされるのがしんどい……。」そう思った時の気持ちの入れ替え方

こういった被害を受けると色々と精神的に辛い気持ちになることもありますよね。
このような「エアリプ辛い……」となった時に考えたいのが

「そもそも何故エアリプなんてするのか」

ということです。

改めて考えてみると、エアリプをしたい理由は「相手に対して否定的な発言をしたいけれど、それを反論されたり否定されると面倒(恐い)から」という理由が大半でしょう。先ほどの事例で挙げた内容でも、面と向かって「舌がおかしいんじゃないか」なんて言える方はほとんどいないはずです。

そういった自分自身の発言にすら責任を持てない低いネットリテラシーしか持てない方のことは、そこまで気にする必要はないと思いませんか?

そのようなエアリプにあたるものを目の当たりにし、自分のことを言及しているものだと感じたら「この人は自分に言う勇気がなかったんだな」と思うことで、心に少しゆとりができるはずです。

中には当事者には意外と気づかれず、勘違いを引き起こしてしまうことも?

ツイッターでの独特な言い回しが面白い深爪さんのツイート。なるほどこんなこともあるのか…笑
表現力豊かな深爪さんの下ネタがたくさん書かれた著書は管理人もガッツリ読んでますw

無意識な「エアリプ」を行わないように……

このように、それが偶然であれ故意であれ、疑心暗鬼やトラブルの種になりかねないのが「エアリプ」という行為です。
ただでさえ140文字という短い文章の中でしか自分を表現できない世界です。誤解やトラブルを招く事なく快適なSNSライフを送るためにも、顔の見えない相手にも礼儀やマナーはきちんと守っていきたいですね。

ご覧頂きありがとうございました!

最後までご覧頂きありがとうございました。
この投稿に少しでも共感して頂けましたらTwitterのフォローやブログランキングのクリックを頂けば嬉しいです。
これからもしっかりと情報をまとめてお届けしていきますので、宜しくお願いします!
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

詩音

ライター活動をしている詩音です。
たまにポロっと毒を吐きますが基本は真面目です(๑╹ω╹๑ )Webやソーシャルメディア運営のお勧め情報を分かりやすく紹介していけるよう努めます。

ネットリテラシーを学ぶのに役立つツイートもしていますので、是非Twitterのフォローを宜しくお願いします!(((o(*゚▽゚*)o)))

最低限知っておきたいSNS情報

1

インターネットでの集客方法として、広告を打ったり、SNSで拡散させたりなどの手法が考えられますが、その中で最も効果的な手法は WordPressを使った集客 なのでは? と考えています。 WordPr ...

2

SNSというコミュニケーションツールが一般的になって久しいですね。 今主流となっているのは「Facebook」や「Twitter」といったところでしょう。皆さんや皆さんの周りでも、どちらかは利用してい ...

3

今日は、これからfacebookを始めよう!と思っている方が 「必ずやるべき初期設定」について お伝えさせていただこうと思います。 せっかくワクワクして新しいことを始めようとしているのに、 最初の設定 ...

-Twitter, メディアリテラシー

Copyright© SocialMedia Info(ソーシャルメディアインフォ) , 2018 All Rights Reserved.