facebook

「ネガティブ発言」にウンザリ! facebookで嫌われるユーザーとは?

意外にも「ユーザーの声」シリーズが好評です。
あれから様々なお話を聞かせて頂けているので、
本日もユーザーの声を紹介していきたいと思います!

今回の題材はfacebook
楢山隆司(仮名)さんの声をお届けします。

あなたが思う、ウザいfacebookユーザーとは??

愚痴や悪口、マイナス思考の投稿ばかりのユーザーです。

FacebookはWeb上の社会です。いわば公共の場と言えましょう。
そこに愚痴や悪口などを垂れ流して、
多くの人に嫌な気持ちにさせるのはマナー違反だと考えます。

誰しも嫌なことはそれぞれあります。
でも、それを無差別に見せつけるという行為は如何なものかと思うのです。

嫌なことはさっさと忘れたい、
親しい友人と他愛のないやり取りをして、気分転換を図りたいと思って
Facebookを開く方も大勢いるでしょう。私もそうです。

そんな時にマイナスの文面が飛び込んできたら、
自分までネガティブな気持ちに染まりそうになります。
私はあまりにそういう投稿が多い方は、
その方の投稿の表示を少なくする機能を使って、事実上ブロックします。

誰彼構わず同情を誘う姿や、
構って欲しい気持ちがダダ漏れな姿は
「人からどう見られるか」という客観性や
「その投稿を見ることによって人はどう思うか」
という想像力に乏しい人なんだなあ、
相手のことより自分が良ければなんでもいいんだなあ、
ひいては人間性に難がありかも、と捉えてしまいます。

そういう類の投稿も、
最後はポジティブに結ばれていれば良いのですが、
大抵が残念ながら最初から最後まで極めてネガティブで、
また主観的すぎて読むに値しないものばかりです。

ユーザーに伝えたい一言!

「自分はこんなに傷付いた、わかってもらいたい、知らしめたい」
という気持ちが制御できなくてつい投稿されるのだと思いますが、
そういう場合は非公開にして投稿するか、
ご自身をよく理解してくださるごく親しい友人のみに限定公開
すれば良いと思います。

そういった投稿には、往往にしてそういう方々しか
「いいね」やコメントをしないものです。
もしくはいっそ、機転に富んだ言い回しや、
コミカルな文調かつ冗談も交えながら、
読んでいて清々しいくらいのエンターテイメントに仕上げるべきです。

そしたら「いいね」もコメントもつき、承認欲求も満たされます(笑)

また自身のついても
今一度振り返って見るのが大切だと思います。

辛口かもしれませんが、今置かれている状況は
ご自身の言動と行動の結果に過ぎない
ものです。

全てはご自身が巻き起こしていることを深く自覚すれば、
愚痴や悪口などといった、いわば他人への責任転嫁をすることは、
むしろ発言自体が幼稚で恥ずべきものだとおのずと気が付くと思います。
 
 
最後に日記にぶつけることをお勧めします。
これなら誰も見ませんし、好きなだけ不平不満をぶつけられます。
将来何かしらの創作のタネになるやもしれません。

ちなみに私は人に相談する前にまず、
日記に好き勝手したためて溜飲を下げます。

これで怒りは大体収まるので、問題が整理されて、
気持ちも視点もニュートラルな状態で相談できます。

愚痴、不満を聞くことは非常にエネルギーを使います。
相手の時間も頂きます。

ある程度の年齢になればそのことに配慮するのも、
一種の嗜みだと私は感じます。

あとがき

ネットでは不満や愚痴を投稿する方も多いですよね。
顔が見えない投稿ではなく、
facebookのように実名・顔写真があるものだと尚更
その人の印象や雰囲気をネガティブな発信が決めかねません。

何気なく投稿している愚痴が悪い印象につながらないように、
最低限の配慮は忘れないようにしたいですよね!

ABOUT ME
詩音
ライター活動をしている詩音です。
たまにポロっと毒を吐きますが基本は真面目です(๑╹ω╹๑ )Webやソーシャルメディア運営のお勧め情報を分かりやすく紹介していけるよう努めます。

ネットリテラシーを学ぶのに役立つツイートもしていますので、是非Twitterのフォローを宜しくお願いします!(((o(*゚▽゚*)o)))
「人生どうなってもいい」と思ってしまったあなたへ
Pezibear / Pixabay

 
有名大学を卒業しても良い会社、良い人生に恵まれず、辛い過去を過ごしていました。
「これからの人生、どうなってもいい」と投げやりになっていた時に出会ったのが、悩みを格安で相談できるサイトでした。

もし打ち明けられない悩みをお持ちでしたら、まずは一度こちらのサイトを覗いてみてはいかがでしょうか。

悩みを相談しにいく

詳細ページへ

RELATED POST