facebook

facebookでトラブルに巻き込まれないため気をつける3つのこと

皆が利用している話題のSNS、Facebookですが、
こちらのFacebookで、
トラブルに巻き込まれてしまうという事例があるようです。

そこで、このようなトラブルに巻き込まれないためには、
どのようなことに気を付ければよいのでしょうか。

他人同然の人に無差別に友達リクエストを送る

jackmac34 / Pixabay

Facebookでは、
他人同然の人に、無差別に友達リクエストを送るのは
避けておいたほうが良いでしょう。

相手が自分を知らない場合には、
こういった行為は気味悪がられてしまう可能性が高いです。
このため、人間関係のトラブルにも発展しかねません。

また、元恋人の写真をみてしまったり、ストーキングをしたりするのも、
同じような理由から止めておくようにしましょう。
他人同然の人の動向をいちいちチェックするのは
ストーキング行為とも見られかねないですし、
もしもバレてしまった場合には、気味悪がられ、トラブルになってしまいます。

勝手に他人の写真を載せない

jarmoluk / Pixabay

とても多いトラブルが、
勝手に他人の写真を載せてしまうといったトラブルです。
他人が写っている写真を載せてしまったことで、
その人や、家族から削除してほしい、といわれてしまったり、
思ってもみないところで、トラブルにつながる恐れがあります。

自分は掲載しても良いと思っていても、
インターネット上に自分たちの写真を
載せてもらいたくない人もいますので、
自分以外の方が写っている写真を勝手に載せないようにしましょう。

写真を載せたい場合には許可を得てから
載せるということがルールとなります。
また、同じようにその時の感情に任せて投稿をしないようにしましょう。
友達の映りの悪い写真などを勝手に掲載してしまうのもタブーです。

コメント欄での発言に注意!

geralt / Pixabay

もう1つ、フェイスブックに多いトラブルとして、
コメント欄でのトラブルがあります。

一つの投稿で、さまざまな方が投稿をすることができるようになってしますが、
コメント欄で、他人同士が揉めてしまうことがあります。
だれが見ているかもわかりませんし、
また友達同士が、Facebook上だけでつながっているというケースもありますので、
コメント欄での発言には気を付けるようにしましょう。

また、
文章では、冗談なのか本気なのか、という点の区別がつかないケースがあります。
会って話すのとは違って、テンションが伝わりにくいケースも多いですので、
無難なコメントにとどめておいたほうが良いといえるでしょう。

もう一度確認! トラブル回避のためにも行動の再確認を

ここまでfacebookで気をつけるところをまとめていきましたが、
こういったトラブルを回避するためには自分の発信・行いを、
第三者から見たらどのように見えているのかを客観的に受け止めてみることです。

少しでもリスキーな行動をしていると思うのなら、
その行いは控えた方がいいかもしれません。
「たかがネット」と思わず、
人と人との関わりだということを忘れないようにしましょう!

ABOUT ME
詩音
ライター活動をしている詩音です。
たまにポロっと毒を吐きますが基本は真面目です(๑╹ω╹๑ )Webやソーシャルメディア運営のお勧め情報を分かりやすく紹介していけるよう努めます。

ネットリテラシーを学ぶのに役立つツイートもしていますので、是非Twitterのフォローを宜しくお願いします!(((o(*゚▽゚*)o)))
「人生どうなってもいい」と思ってしまったあなたへ
Pezibear / Pixabay

 
有名大学を卒業しても良い会社、良い人生に恵まれず、辛い過去を過ごしていました。
「これからの人生、どうなってもいい」と投げやりになっていた時に出会ったのが、悩みを格安で相談できるサイトでした。

もし打ち明けられない悩みをお持ちでしたら、まずは一度こちらのサイトを覗いてみてはいかがでしょうか。

悩みを相談しにいく

詳細ページへ

RELATED POST