facebook

facebookページとfacebook個人アカウント、その違いは?

facebookを利用する人が多くなってきました。
ネットでも友だちと交流するのっていいですよね^^

でも、その中に、facebookページというものを
見かけたことはないですか?
これって、そういえば何?
実は、よくわかっていない人もいるかと思います。

多くの人が使っている
facebook個人アカウントと、
facebookページについて、
その違い
をまとめてみました。

プライベートで大活躍! facebook個人アカウント

facebook個人アカウントだと、
友だちや、知り合いと交流をしたりする目的で
使うことが多いでしょう。

友達申請をすれば、
その方の公開範囲が全体公開ではなくても、
投稿などを見ることができ、
コメントをすることもできます。

関心のある他人のページでも、
公開されているものなら、
フォローをすることで見ることが可能です。
5000人まで友達申請ができますよ。

ただし、実名で登録しないといけなかったり、
1つしかアカウントを持てなかったりというような面もあります。

セキュリティに関して無関心だと、
乗っ取りや「晒し」などもありますから
多少はプライバシーなどに
気を配ったほうがいいでしょう。

ただし、googleなどの検索エンジンには、
基本的には投稿内容が反映されることはありません。

facebookページは仕事が上手?

「facebookページってそもそも何に使うの?」
と思っている人も多いのではないでしょうか。

facebookページは、主にビジネスの集客目的や、
団体で使っている人が多いです。

個人ページとは違い、
1つのアカウントで複数のページを持つこともできます。
ビジネスで使うことに
おすすめできる理由が、いくつかあります。

実はfacebookページでは、
アクセス数やいいねの数を調べるツールを
使うことができるのです。

さらに、SEO対策もできてしまいます。
簡単に言うと、自分で作ったfacebookページが、
googleなどの検索サイトにひっかかってくれるようになります。

これはfacebookの個人アカウントには無い
大きなメリットと言えるでしょう。

広告を出すこともできるので、
個人や団体で仕事をしている場合は、
facebookページを作ってみると、
お客様が集まる可能性があります。

しかも、facebookユーザーは
基本的に実名で登録している方が多いため、
匿名ではない密度の濃いお客様たちとの
つながりが期待できます。

特に個人企業家や、小さな会社を持つ人たちなどに
おすすめしたいのがこのfacebookページです。

ちなみに、こういったページの場合、実名ではなく、
企業、団体名や商品名などで登録することができるので、
安心してビジネス活動をすることがができますね。

ただし、個人アカウントを持っている利用者
運営しなければならないというルールがあります。

個人用と仕事用で
facebookを2つ持ってみると、
さらにフェイスブックを有効に使えるかもしれません。

仕事に活用していくのならfacebookページも活発に利用すべき

facebookの使用範囲を
「プライベートのみ」にしておくのであれば
facebookページは利用する必要は無いのかもしれません。

ただし、少しでも自分の仕事の一部として
SNSを取り入れていく
のであれば、
facebookページの運営も
視野の一つに入れてみましょう。

facebook上のつながりだけでなく、
「検索流入」も狙うことが出来るため、
想像を超える人数のアクセスもあるかもしれませんね^^

ABOUT ME
詩音
ライター活動をしている詩音です。
たまにポロっと毒を吐きますが基本は真面目です(๑╹ω╹๑ )Webやソーシャルメディア運営のお勧め情報を分かりやすく紹介していけるよう努めます。

ネットリテラシーを学ぶのに役立つツイートもしていますので、是非Twitterのフォローを宜しくお願いします!(((o(*゚▽゚*)o)))
「人生どうなってもいい」と思ってしまったあなたへ
Pezibear / Pixabay

 
有名大学を卒業しても良い会社、良い人生に恵まれず、辛い過去を過ごしていました。
「これからの人生、どうなってもいい」と投げやりになっていた時に出会ったのが、悩みを格安で相談できるサイトでした。

もし打ち明けられない悩みをお持ちでしたら、まずは一度こちらのサイトを覗いてみてはいかがでしょうか。

悩みを相談しにいく

詳細ページへ

RELATED POST