HTMLプロフェッショナル認定試験

HTML5の基礎的な知識を学んでみよう!

最近、HTML5について勉強するようになりました!
HTML5プロフェッショナル認定試験の資格を取ろうと思っていまして…^^

なので、今回からしばらく、HTMLプロフェッショナル認定試験についてまとめていこうと思います!

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1対策テキスト&問題集で勉強開始!

kaboompics / Pixabay

ということで、今回から使用するテキストはこれ!

この本を使って学んだことをアウトプットしていきます!
分量としては結構あるんだけど、これ1冊読んで合格出来たって人も結構いるみたいだから、これで頑張ってみる。
まずはしっかり基礎から学んでいかないとね。

書式とそれぞれの名称について

まずはここから学んでいく!
HTMLはテキストコンテンツをタグで括って「その文章がどのような役割を持たせているのか」を知らせる言語みたいですね。
このカッコで括ったポイントのことを「要素」って言って、
それぞれのタグは「開始タグ」「終了タグ」と呼ばれているみたい。

<h1>HTMLの基礎的な内容</h1>

ここでいう<h1>が開始タグ、
</h1>が終了タグ。
そしてこれらを括った文章全体が「要素」と呼ばれています。

まずはこれを覚えて先に進めていきたいですね。

開始タグと終了タグを省略できるもの

タグによっては開始タグと終了タグが省略できるものがあります。
これは参考書の問題としてもリストアップされていたので、このタイミングで覚えておきたいですね。

  • html
  • head
  • body
  • colgroup
  • tbody

この5種類の要素は開始タグと終了タグを省略することができるもの。
これはなるべく早いうちに覚えておきたいですよね。

空要素とは?

さまざまなものがある要素の中には「存在だけ」で開始タグとなるものがあり、
これを「空要素」と呼んでいます。

【空要素の代表例】

  • img要素
  • br要素
  • input要素
  • meta要素
  • link要素

これらは終了タグを指定することができない(HTML構文の場合)ため、注意しておきましょう。空要素タグは<br>や<br />のどちらの書き方でも対応可能です。

属性とは?

<img src=“logo.png” alt=“説明”>

というコードがあったとします。
ここの赤文字で書かれた部分が属性名で、青文字で書かれたものが属性値にあたります。

そしてこの赤文字と青文字のペアのことを「属性」と呼びます。

HTML5では、この「=」の前後に空白文字※を入れることができ、属性値を囲っているダブルコーテーションは省略可です。

※空白文字とは?

空白文字は半角スペースやタブ、改行などをさします。

まとめ

今回はHTMLの概要に関してまとめてみました。
まだまだ学び始めなので、うまくいくかは分かりませんが、私もこれからしっかり勉強していきます!

この記事を読んでるあなたも、宜しければ一緒に資格取得を目指してみませんか?^^

ABOUT ME
詩音
ライター活動をしている詩音です。
たまにポロっと毒を吐きますが基本は真面目です(๑╹ω╹๑ )Webやソーシャルメディア運営のお勧め情報を分かりやすく紹介していけるよう努めます。

ネットリテラシーを学ぶのに役立つツイートもしていますので、是非Twitterのフォローを宜しくお願いします!(((o(*゚▽゚*)o)))
「人生どうなってもいい」と思ってしまったあなたへ
Pezibear / Pixabay

 
有名大学を卒業しても良い会社、良い人生に恵まれず、辛い過去を過ごしていました。
「これからの人生、どうなってもいい」と投げやりになっていた時に出会ったのが、悩みを格安で相談できるサイトでした。

もし打ち明けられない悩みをお持ちでしたら、まずは一度こちらのサイトを覗いてみてはいかがでしょうか。

詳細ページへ