facebook

その返信「クソリプ扱い」されてない? SNS上で円滑にコミュニケーションを取るためには

SNSは実際に会ったことがない人とも簡単に、送信ボタン1つでやり取りをすることができるコミュニケーションツールとして活用されていますが、その便利なSNS上で「クソリプ」をしてしまってはいませんか?

クソリプを送ってしまうと「相手の気持ちを害してしまう」「相手から嫌われてしまう」「周囲からも冷たい目を向けられる」など、やり取りをしている相手やその周囲の人からも嫌われてしまう可能性があるため、SNS上で相手との関係を良好に保つためにはできる限り控えたいものです。

クソリプとはどのような内容のものを指しているの?特徴は?

geralt / Pixabay

SNS上で問題視されている「クソリプ」ですが、実際にどんな文章が当てはまるものなのかを、自分自身が把握しておくことが重要になります。
では、世間で「クソリプ」と呼ばれている内容の文章はどういった文章なのか、どういった特徴のある文章なのかを見ていきましょう。

【クソリプと呼ばれる文章の特徴】

・自分の言いたいことだけが主張されている
・相手に対して攻撃的で上から目線
・会話をする気が一切ない
・相手の立場になって気持ちを考えられない発言がある
・「礼儀」を全く知らない

クソリプの例

Twitterで「ごはんが美味しい!」と呟いた発信者に対して「白米は身体に悪いんですよ!」と根拠のないリプライが送られてきた。

上記で紹介したクソリプの事例はSNS上で実際に起こった出来事なのです。

このように「この内容を相手に送ったらどうなるか」といった「発言した後」を考えることができない人が増えており、クソリプと呼ばれる発言がよく見られるようになりました。

このようなクソリプや「まず言っている意味が分からない」と相手が感じるレベルのクソリプまでSNS上では頻繁に見られますが、自分はこのような発言で相手を傷つけることがないように気を付けていきたいですね。

SNSを見て不快にならないために「クソリプ」は視界に入らないようにする

sasint / Pixabay

紹介してきた通り「クソリプ」は見ていても、気持ちの良いものでは決してありません。

SNSをチェックして不快な思いをしないためにも「クソリプを見ないようにする」ことがとても大切になります。

Twitterであれば設定の画面から、自分がフォローしている人のツイートだけを表示するようにできる項目や、自分が見たくない人のツイートをミュートにする項目があるため、自分が不快にならないSNSを作っていく努力もしていくようにしましょう。

SNSが普及している現代で上手く人間関係を築いていくために

現代では、会社の同僚や学生時代の友人、家族、恋人、共通の趣味を持ったネットの知り合いなど、SNSでのコミュニケーションは当たり前の世の中になっています。

そんな現代で上手く人と付き合っていくためには「上手にSNSを活用すること」が、かなり重要になっているため、今回紹介した「クソリプ」が自分に当てはまらないように発信する内容には気を付けていく必要があります。

あなたも、自分が「クソリプ」を送って人間関係を崩してしまわないように慎重にSNSを利用するようにしてくださいね。

ABOUT ME
詩音
ライター活動をしている詩音です。
たまにポロっと毒を吐きますが基本は真面目です(๑╹ω╹๑ )Webやソーシャルメディア運営のお勧め情報を分かりやすく紹介していけるよう努めます。

ネットリテラシーを学ぶのに役立つツイートもしていますので、是非Twitterのフォローを宜しくお願いします!(((o(*゚▽゚*)o)))
「人生どうなってもいい」と思ってしまったあなたへ
Pezibear / Pixabay

 
有名大学を卒業しても良い会社、良い人生に恵まれず、辛い過去を過ごしていました。
「これからの人生、どうなってもいい」と投げやりになっていた時に出会ったのが、悩みを格安で相談できるサイトでした。

もし打ち明けられない悩みをお持ちでしたら、まずは一度こちらのサイトを覗いてみてはいかがでしょうか。

詳細ページへ

RELATED POST