SNSユーザーの声

そのRT(リツイート)稼ぎ、必要? Twitterのウザいユーザーとは?

SNSユーザーの声シリーズも
なんだかんだでもう第三弾です!
今回のテーマは「ウザいツイッターユーザー」ということで、
今までのウザいシリーズのTwitterバージョンです!

SNS関連で「ウザい」と思っていることは
思いの外多いようで、こういった声ばかり届きますw

本日は野澤 かなえさん(仮名)の投稿。
果たしてどういった内容でしょうか??

あなたが思う、ウザいTwitterユーザーとは??

Unsplash / Pixabay

可愛いと思ったらRt(リツイート)とか似ていると思ったらRt等、
共感を求めてRtを促すツイートを頻繁にするユーザーが嫌いです。

特に「嫌いだったらRt」とマイナスな評価をRtさせようとするユーザーがウザいです。

RT稼ぎユーザーが「ウザい」と思う理由は?

芸能人ならともかく一般の人が可愛いかなんて興味が無いし、顔マネは大体似ていません。
似ていたとしてもマスクで顔が隠れていたり、写真を撮る角度で無理に似せているだけに過ぎません。
それで「似ているよ」と言わせようとするのは、どうかと思ってしまいます。

マスクで隠さずに写真を撮って本当に顔が似ているのなら分かりますが、
マスクで隠しているのが大きいのに
あたかも自分の顔がその芸能人に似ているとアピールするのはいただけません。

あと「嫌いだったらRt」は大抵叩かれやすい芸能人の顔写真を載せて、
批判的意見に共感させようとしている事が多いです。

確かにそのツイートをしているユーザーからしたら嫌いなのかもしれないですが、
その人の事が好きな人もいるのだから見ていて気分が悪いです。

その芸能人が嫌いかどうかなんて
多くの人に呼びかけて共感を得るモノでも無いですし、
ある意味ではイジメと変わらない事をしていると思います。

特に子役の写真を載せて
嫌いと言わせようとしている中学生以上のユーザーを見ると、
いくら若いとはいえ礼儀がなっていないのでは無いか不快に感じるのです。
だから他人に対するマイナス評価を、
Rtさせようとするユーザーはかなりウザい
です。

RTを促すユーザーに伝えたい一言!

まずRtを促す人には、最初の数回は様子を見ます。
しかしあまりに頻繁にツイートされたら、
やんわりと「迷惑なツイート」である事を指摘します。
直接ハッキリと言うと、角が立つからです。

例えば顔が似ているかどうか聞いてくる人には
「マスクが付いていると良く顔が分からないな」と惚けてみて、
暗に似ていないと告げてみるとかです。

似ているかと聞かれているのに
「マスクで顔が分からない」なんて頓珍漢な事を言われたら、
気分が冷めてそのツイートを辞めてくれる可能性も有ると思います。

しかしやんわりと指摘しても
全然動じないタイプのユーザーが相手だったら、
直接ハッキリと「そういうツイートは辞めて」と伝えます。

特に嫌いと言わせようとする
嫌味なツイートをする人には、ハッキリ言おうと思います。

それでも辞めてくれない場合は、その人とは関わりません。

ツイートは個人の自由と言われてしまえばそれまでですし、
先生みたいに指摘ばかりしていると
今度は私がウザいユーザーになってしまうからです。

あとがき

中盤に「嫌いだったらRT」「好きだったらRT」
検索したつぶやきをまとめておきましたが、
この通り、今回の悩みはごく少数というわけではないようです。

しかしRT稼ぎなんてなぜ行うのでしょうか?

こういったものは大半は「金が絡んでいる」か
「自己顕示欲」
だとは思うのですが、
若い人の場合は後者でしょうね……。

RT稼ぎは詐欺まがいなものも多いため、注意が必要です。懸賞についてまとめました。
「このツイートをリツイートしたら景品が当たる!」というツイートは本当に当たるの?

前者の場合はネガティブな意見があることが承知の上で
振り切って行なっているものが多く、
その手の発信からは距離を置くことが一番ですが、

後者の場合は「それ、いつか黒歴史になるよw」という
アドバイスを行うのもありかもしれません笑

ABOUT ME
詩音
ライター活動をしている詩音です。
たまにポロっと毒を吐きますが基本は真面目です(๑╹ω╹๑ )Webやソーシャルメディア運営のお勧め情報を分かりやすく紹介していけるよう努めます。

ネットリテラシーを学ぶのに役立つツイートもしていますので、是非Twitterのフォローを宜しくお願いします!(((o(*゚▽゚*)o)))
「人生どうなってもいい」と思ってしまったあなたへ
Pezibear / Pixabay

 
有名大学を卒業しても良い会社、良い人生に恵まれず、辛い過去を過ごしていました。
「これからの人生、どうなってもいい」と投げやりになっていた時に出会ったのが、悩みを格安で相談できるサイトでした。

もし打ち明けられない悩みをお持ちでしたら、まずは一度こちらのサイトを覗いてみてはいかがでしょうか。

悩みを相談しにいく

詳細ページへ

RELATED POST